ENTRY
法律相談で有効に時間を使うコツ

法律相談で弁護士に迅速に内容を把握してもらうコツ

法律相談を訪ねる場合、多くの人は単純な問題を抱えているのではなく、一般の人では解決不可能な問題を抱えており、専門家の知識や知恵、助言を必要とするような、深刻な状況になっているといえます。それに反して、一般的に一回の法律相談にかけられる時間というのはだいたい、30分程度と言われています。非常に短い限られた時間において、相談者は事案の内容を的確に迅速に弁護士に伝えて、内容をすっかり把握してもらうことが重要になっています。

そこで、弁護士に法律相談に行く前の準備として、必要な事をあげていきます。まず最初に、相談内容を時系列でまとめて紙に書いておきましょう。口頭で説明すると時間もかかりますし、お互いに忘れてしまうこともあります。弁護士にとっても目で資料を確認ですることは、迅速に内容を把握する助けになります。その際、客観的資料も持参するといいでしょう。例えば、不動産に関わる相談事であれば、登記簿謄本などで、もし、離婚に関わる相談であれば、戸籍謄本を持っていくとよいでしょう。遺産に関する相談であれば、戸籍謄本、遺産の目録などです。その他、問題の原因となった、写真などがあれば、それも持参します。このように客観的資料を弁護士が参考にすることで、相談者は迅速に的確なアドバイスをもらうことができます。

Copyright (C)2015法律相談で有効に時間を使うコツ.All rights reserved.